超高層ビル : 最初の試みの記録

石田繁之介 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • I 超高層化への道 / p2
  • 柔剛論争 / p2
  • 一九六七年三月二日
  • 柔か剛か
  • 東京駅スタディ
  • なぜ高層化するか / p13
  • 都市再開発
  • 容積地区制度
  • 敷地から街区へ
  • 九階から三六階へ / p26
  • そもそもの発端
  • 高層化への歩み
  • 総合研究の開始
  • 企画設計の決定 / p35
  • 工事費の比較研究
  • 特定街区の指定
  • 基準階の設定
  • ロビー階・低層部・機械階
  • 妻側バルコニー
  • 高層化を可能にしたもの / p43
  • 構造理論の確立
  • 新しい材料と技術の開発
  • 生産性の追求
  • II 実施設計の苦心 / p65
  • 耐震設計の実際 / p65
  • 霞が関の地盤
  • 耐震設計の展開
  • 電子計算機の活躍
  • 風の問題
  • 構造の設計 / p82
  • 建物の基礎
  • 構造計算の具体化
  • デッキ・プレート
  • コアと耐震壁
  • 外装をきめる / p100
  • デザインをどうするか
  • 材料の問題
  • 層間変位と水と風
  • いろいろな設備 / p111
  • エレベーターの設計
  • 超高層と空気調和
  • 煙突の設計
  • 設備の合理化
  • 停電対策
  • 水道とトイレ
  • 災害に備える / p129
  • 耐火被覆材の開発
  • 感知・警報・消火
  • 綿密な避難計画
  • 避雷対策
  • III 合理化すすむ工事 / p141
  • 工程計画 / p141
  • 工程計画の立案
  • 工事工程の変更
  • 揚重作戦 / p148
  • 揚重計画の立案
  • 揚重作戦の展開
  • タワー・クレーン
  • 工事の実際 / p154
  • 鉄骨工事
  • 鉄骨建方作業
  • 機械化施工
  • 外装工事とガラス
  • 内装材
  • 安全のために
  • 工事の完成 / p173
  • 殺到する見学者
  • 使用された資材
  • IV ビルは生きている / p179
  • ビルの日々 / p179
  • みどりの広場
  • ビルの昼食時
  • ビルの管理
  • 展望廻廊
  • 超高層ビルの将来 / p188
  • 霞が関ビルのもたらしたもの
  • 高層化による都市再開発
  • おわりに

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 超高層ビル : 最初の試みの記録
著作者等 石田 繁之介
書名ヨミ チョウコウソウ ビル : サイショ ノ ココロミ ノ キロク
書名別名 Chokoso biru
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1968
ページ数 193p 図版
大きさ 18cm
NCID BN00525327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68003220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想