経済改革の可能性

コルナイ・ヤーノシュ 著 ; 盛田常夫 編訳

社会主義経済の停滞のもとで、ハンガリーの経済改革は、現在注目の的となっている。同国の代表的経済学者である著者は、多角的な視点から経済システムを分析した『「不足」の政治経済学』(岩波現代選書90)に続いて、本書で経済改革の現状を実証的に分析し、改革の中心となるべき企業の自主的活動を妨げている管理価格、信用供与、補助金、税などのいわゆる「ソフトな予算制約」の問題点を明らかにし、将来への大きな展望を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済改革の教訓-中国の改革者への助言
  • 第2章 経済改革の現状と展望
  • 第3章 「ソフトな予算制約」再説
  • 第4章 予算制約ソフト化の検証
  • 第5章 収斂理論と歴史的現実-ティンバーゲン論文から21年たって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済改革の可能性
著作者等 Kornai, János
盛田 常夫
コルナイ ヤーノシュ
書名ヨミ ケイザイ カイカク ノ カノウセイ
書名別名 ハンガリーの経験と展望

Keizai kaikaku no kanosei
シリーズ名 岩波現代選書
出版元 岩波書店
刊行年月 1986.8
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 4000047809
NCID BN00508918
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86054357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想