日本の食生活全集  20

「日本の食生活全集 長野」編集委員会【編】

進取の気性と独立の気概に富んだ信州人が、山と川、四つの平の恵みを生かし、創り上げた食と暮らし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 安曇平の食-白米飯で力をつけて、米づくりと養蚕に励む
  • 木曽の食-新粉を使ったすんきそば、そばやきもちは木曽の味
  • 伊那谷の食-家中に広がる五平もちのくるみ味噌の香り
  • 諏訪盆地の食-諏訪湖と深くかかわり、厳冬の凍みを生かす
  • 佐久平の食-水田で米をつくりながら、こい、ふなも飼う
  • 西山の食-太いもの、細いものと、小麦粉を工夫して食べる
  • 奥信濃の食-長い冬の豪雪と闘い、山間の地に生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の食生活全集
著作者等 向山 雅重
日本の食生活全集長野編集委員会
伊藤 徳
和木 かね子
土屋 喜恵子
太田 春子
山田 安子
米山 由子
鈴木 光代
「日本の食生活全集 長野」編集委員会
書名ヨミ ニホン ノ ショクセイカツ ゼンシュウ
書名別名 聞き書長野の食事
巻冊次 20
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1986.12
ページ数 357, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4540860763
NCID BN00502525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87011128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
聞き書長野の食事 「日本の食生活全集 長野」編集委員会
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想