一遍

大橋俊雄 著

鎌倉時代中期の名僧であり、時宗の開祖。念仏を唱えながら踊る「踊念仏」や「札くばり」(賦算)など、独自の布教で全国各地を念仏遊行して、いかに生くべきかを民衆に説く。世に遊行上人といわれる一遍智真のはじめての本格的な伝記は、多年にわたる著者の研鑚による意欲的な労作であり、その生涯をわかりやすく説き明かして、余すところがない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 おいたち
  • 第2 道を求めて
  • 第3 遊行回国-みちのくをめざして
  • 第4 遊行回国-鎌倉入りをこばまれて
  • 第5 遊行回国-洛を中心に西に南に
  • 第6 遊行回国-ふるさとをさして
  • 第7 一遍滅後の教団
  • 河野家系譜
  • 遊行系譜
  • 略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一遍
著作者等 大橋 俊雄
日本歴史学会
書名ヨミ イッペン
シリーズ名 人物叢書 183
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1983.2
版表示 〔新装版〕
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4642051325
NCID BN00500144
BN02582172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83021066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想