超低温の物性物理

阿部竜蔵, 斯波弘行 共編

1K〜10(-5乗)Kという低温・超低温における、量子現象を中心とした物性について、最近の研究の進歩と展望を、第一線で活躍中の研究者7人が丁寧に紹介した解説書である。第1章で分野全体の見通しを与えた後、2章では強磁場中の2次元電子系の示す新しい量子現象である量子ホール効果を、3,4章では有機導体や磁性体等の新超伝導体の研究、5章はアンダーソン局在と超伝導との相関について、続く6,7章では10(-3乗)〜10(-5乗)Kの超低温における〓Heの超流動と固体状態での核スピンの秩序化が述べられている。本書は、現在の研究動向を知りたい関連分野の研究者や、専攻学生にとって好個の書となろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. 低温物理序説
  • 2. 量子ホール効果
  • 3. 有機超伝導体
  • 4. 磁性超伝導体-研究の発展と現状
  • 5. アンダーソン局在と超伝導
  • 6. 超流動ヘリウム3-最近の話題
  • 7. 固体ヘリウム3の磁性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超低温の物性物理
著作者等 斯波 弘行
阿部 竜蔵
書名ヨミ チョウテイオン ノ ブッセイ ブツリ
書名別名 Choteion no bussei butsuri
出版元 培風館
刊行年月 1986.4
ページ数 232p
大きさ 22cm
ISBN 4563021695
NCID BN00497822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86037316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想