賃労働と資本

カール・マルクス 著 ; 長谷部文雄 訳

労賃とは何か、労賃はいかにして決定されるか、という身近な問題から出発して価値法則を簡潔に説明し、剰余価値の成立を明らかにする。マルクスがこれを『新ライン新聞』に連載してから百数十年、資本制的搾取の仕組を暴露したこのパンフレットは世界各国の労働者に広く読みつがれてきた。主著『資本論』への最良の入門書。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 賃労働と資本
著作者等 Marx, Karl
河上 肇
長谷部 文雄
マルクス カール
書名ヨミ チンロウドウ ト シホン
書名別名 Lohnarbeit und Kapital

Chinrodo to shihon
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1981.7
版表示 改版
ページ数 110p
大きさ 15cm
ISBN 400341246X
NCID BN00491666
BN02001713
BN05050919
BN05144207
BN1232227X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81038055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想