政治論集  1

マックス・ヴェーバー 著 ; 中村貞二 ほか訳

ヴェーバーによる政治に対するあつい関心と冷徹な分析。第1巻は、1895年の教授就任講演から第一次世界大戦末期までの24篇を収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国民国家と経済政策
  • 国民的=社会的な政党の結成にあたって
  • 『アルゲマイネ・ツァイトゥング(ミュンヒェン)』紙の艦隊アンケートに答える
  • 私的大経営における労働関係によせて
  • カルテルと国家の関係によせて
  • 都市の制度と行政組織によせて
  • 市町村の経済的事業によせて
  • 国民経済の生産性によせて
  • 社会政策における進歩によせて
  • ビスマルクの外交政策と現代
  • 講和問題によせて
  • 二つの律法のはざま
  • 潜水艦作戦の強化
  • ヨーロッパ列強とドイツ
  • 選挙権にかんする帝国の緊急法
  • 帝国憲法第九条の改正
  • 第七次ドイツの戦時公債
  • 祖国と祖国党
  • バイエルンと帝国の議会主義化
  • 『帝国憲法のなかのビスマルクの遺産』
  • ドイツにおける選挙法と民主主義
  • 国内情勢と対外政治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政治論集
著作者等 Heuss, Theodor
Weber, Max
中村 貞二
嘉目 克彦
山田 高生
林 道義
脇 圭平
ヴェーバー マックス
書名ヨミ セイジ ロンシュウ
巻冊次 1
出版元 みすず書房
刊行年月 1982.10
ページ数 331p
大きさ 22cm
ISBN 4622017628
NCID BN00490051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83002504
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1: マックス・ヴェーバーとその現在 テーオドーア・ホイス, 中村 貞二
2: 新秩序ドイツの議会と政府 : 官僚と政党への政治的批判 中村 貞二, 山田 高生
「戦争責任」問題について 嘉目 克彦
『アルゲマイネ・ツァイトゥング(ミュンヒェン)』紙の艦隊アンケートに答える 中村 貞二
『帝国憲法のなかのビスマルクの遺産』 山田 高生
カルテルと国家の関係によせて 中村 貞二
ドイツにおける選挙法と民主主義 山田 高生
ドイツの宰相危機の教訓 山田 高生
ドイツの対外政策とプロイセンの国内政策 林 道義
ドイツ将来の国家形態 山田 高生
バイエルンと帝国の議会主義化 山田 高生
ビスマルクの外交政策と現代 林 道義
ヨーロッパ列強とドイツ 山田 高生
二つの律法のはざま 山田 高生
停戦と講話 嘉目 克彦
国内情勢と対外政治 林 道義
国民国家と経済政策 : 教授就任講演 中村 貞二
国民的=社会的な政党の結成にあたって 中村 貞二
国民経済の生産性によせて 中村 貞二
大統領 山田 高生
市町村の経済的事業によせて 中村 貞二
帝国憲法第九条の改正 山田 高生
政治書簡 嘉目 克彦
新しいドイツ 嘉目 克彦
次の内政的課題 嘉目 克彦
潜水艦作戦の強化 山田 高生
社会政策における進歩によせて 中村 貞二
祖国と祖国党 嘉目 克彦
私的大経営における労働関係によせて 中村 貞二
第七次のドイツの戦時公債 嘉目 克彦
職業としての政治 脇 圭平
講和問題によせて 山田 高生
選挙権にかんする帝国の緊急法 : 帰還兵士の権利 山田 高生
都市の制度と行政組織によせて 中村 貞二
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想