伝統社会と近代国家

F.ハルトゥング ほか著 ; 成瀬治 編訳

この本の情報

書名 伝統社会と近代国家
著作者等 Hartung, Fritz
Vierhaus, Rudolf
成瀬 治
書名ヨミ デントウ シャカイ ト キンダイ コッカ
出版元 岩波書店
刊行年月 1982.5
ページ数 534, 15p
大きさ 22cm
ISBN 4000014404
NCID BN0048937X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82035726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Staat (国家) という言葉の歴史に寄せて ア-ノルト・オスカ-・マイヤ-
ドイツにおける聖界領接収の経済的・社会的諸影響 ルードルフ・モルザイ
ドイツ絶対主義における国家とユス・プブリクム フリ-ドリヒ・メルツバッハ-
プロイセンにおける国家と社会 : 一八一五年-一八四八年 ラインハルト・コゼレック
ヨ-ロッパ絶対主義の構造に関する諸問題 ゲルハルト・エ-ストライヒ
一九世紀ドイツ立憲君主政の国制類型 エルンスト-ヴォルフガング・ベッケンフェルデ
一八世紀におけるプロイセン軍事=官僚国家 オット-・ヒンツェ
一八世紀のドイツにおけるモンテスキュ-の影響 ル-ドルフ・フィ-アハウス
一八世紀後期のドイツにおける身分制と国内行政 ル-ドルフ・フィ-アハウス
啓蒙絶対主義 フリッツ・ハルトゥング
国庫主義-重商主義-汚職 : アンシァン・レジ-ム期の財政・経済政策の三様相 ヤ-コプ・ファン・クラ-ヴェレン
帝国国制とヨ-ロッパ諸国家体系 : 一六四八年-一七八九年 ゲルハルト・エ-ストライヒ
支配と社会 : 哲学における政治の正当化問題に寄せて マンフレ-ト・リ-デル
旧ドイツ国家論と西欧の政治的伝統 ハンス・マイア-
朕は国家なり フリッツ・ハルトゥング
絶対主義の諸段階と諸形態 : 一つの概観 レオ・ユスト
近世ドイツ国家思想における「神の法」 クリストフ・リンク
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想