日本農業労働論 : 機械化移行期の農業労働

大橋一雄 著

1950年代初めから1960年代末にかけて日本農業は人力・畜力段階から機械化段階へ移行した。この時期の農作業から農家生活まで農業労働に関するあらゆる問題解決のために行った実証的な研究を集大成。現場を足で調査したユニークな数々の研究論文を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 農業労働力論
  • 2 農業労働過程論
  • 3 農業生活時間論
  • 4 農民の労災・健康障害
  • 5 農村社会・農家生活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本農業労働論 : 機械化移行期の農業労働
著作者等 大橋 一雄
大橋一雄教授退任記念著作集刊行会
書名ヨミ ニホン ノウギョウ ロウドウロン
出版元 筑波書房
刊行年月 1986.5
ページ数 299p
大きさ 22cm
ISBN 4886700322
NCID BN00488537
BN05837699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86050026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想