ヴァン・ゴッホ

アントナン・アルトー 著 ; 粟津則雄 訳

狂気に隣接して生きた詩人にして残酷演劇の実践者アルトーの、最晩年に一気に書下された美術論の傑作。「単なる批評的産物というよりも、この異様な詩人がゴッホに覚えた全身的な共感が生み出した血の叫びとでも言うべきもの。」最初期の作品『神経の秤』および『芸術と死』(本邦初訳)を加える。図版4点収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヴァン・ゴッホ-社会が自殺させた者
  • 神経の秤
  • 芸術と死(或る種の不安の…
  • 女占者の手紙
  • エロイーズとアベラール
  • 明るいアベラール
  • 毛のウッチェロ
  • 力の鉄床
  • 自動人形
  • 愛のガラス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴァン・ゴッホ
著作者等 Artaud, Antonin
粟津 則雄
アルトー アントナン
書名ヨミ ヴァン ゴッホ
書名別名 Van gohho
シリーズ名 筑摩叢書 303
出版元 筑摩書房
刊行年月 1986.10
ページ数 188p
大きさ 19cm
ISBN 4480013032
NCID BN00487170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87003991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想