希望の原理  第2巻

エルンスト・ブロッホ 著 ; 山下肇 ほか訳

[目次]

  • 可能性カテゴリーの諸層
  • 世界の変革、あるいはフォイエルバッハに関するマスクスの十一のテーゼ
  • 要約。先取りの性情と、その両極-暗い瞬間とひらかれている適合性
  • 魅惑的な姿をとった昼の夢-パミーナ、あるいは愛の約束としての像
  • 象徴的な形態をとった昼の夢-パンドーラの箱。残った善
  • 第3部 (移行)鏡のなかの願望像(陳列品、童話、旅、映画、舞台)(実物より美しく見せる
  • 鏡が今日語りかけるもの
  • 新しい衣裳、まばゆい陳列品
  • 美しい仮面、クー・クラックス・クラン、けばけばしい娯楽雑誌
  • 歳の市やサーカス、童話や民衆小説における、もっとましな空中楼閣
  • 旅の魅力、古美術、スリラー小説の幸福
  • 舞踊における願望像、パントマイムおよび映像の世界
  • 範型を提示する施設としてみた舞台、およびそこでの決断
  • 嘲笑され憎悪された願望像、勝手きままでユーモラスな願望像
  • ハッピー・エンド、それは見抜かれていてそれでも擁護される)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 希望の原理
著作者等 Bloch, Ernst
保坂 一夫
山下 肇
瀬戸 鞏吉
片岡 啓治
石丸 昭二
沼崎 雅行
ブロッホ エルンスト
書名ヨミ キボウ ノ ゲンリ
書名別名 Das Prinzip Hoffnung
巻冊次 第2巻
出版元 白水社
刊行年月 1982.6
ページ数 706p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-560-09612-3
NCID BN00483293
BB10798729
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82038960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想