西欧近代科学 : その自然観の歴史と構造

村上陽一郎 著

近代科学の歩みとそれを支えてきた"知"の構造を統一的に描き出し、科学=西欧の思想と文化の根底にあるものを明らかにした画期的科学史入門。新版にあたって「科学革命」の概念を再考する補章を増補。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 自然観の歴史と構造の意味
  • 第1章 近代科学成立の母胎
  • 第2章 天文学体系の転換
  • 第3章 生理学における革命
  • 第4章 運動力学体系の転換
  • 第5章 物質観の転換
  • 第6章 自然における生物の位置
  • 終章 西欧近代科学の問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西欧近代科学 : その自然観の歴史と構造
著作者等 村上 陽一郎
書名ヨミ セイオウ キンダイ カガク
書名別名 Seio kindai kagaku
出版元 新曜社
刊行年月 1971
版表示 新版
ページ数 332, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4788507994
NCID BA56920685
BN0048252X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69005177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想