職業としての政治

マックス・ヴェーバー 著 ; 脇圭平 訳

あらゆる政治行動の原動力は権力(暴力)である。政治は政治であって倫理ではない。そうである以上、この事実は政治の実践者に対して特別な倫理的要求をつきつけずにはいない。では政治に身を投ずる者のそなうべき資格と覚悟とは何か。ヴェーバー(1864‐1920)のこの痛烈な問題提起は、時代をこえて今なおあまりに生々しく深刻である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 職業としての政治
著作者等 Weber, Max
脇 圭平
ヴェーバー マックス
書名ヨミ ショクギョウ ト シテノ セイジ
書名別名 Politik als Beruf
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1980.3
ページ数 121p
大きさ 15cm
ISBN 4003420977
NCID BN00481196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80021132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想