古代ユダヤ社会史

H.G.キッペンベルク 著 ; 奥泉康弘, 紺野馨 訳

ユダヤ人の政治的抵抗の原理は何であったか!-最新の聖書学研究と社会学の諸理論を駆使しながら、捕囚後からバル・コクバの乱までの社会状況と宗教的伝統の錯綜した関係を綿密に分析することによって、古代ユダヤの反ヘレニズム・反ローマ抵抗運動の真の動機づけが何であったかを解明する意欲的論攷。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人類学的見地から観た連帯原理(ゾリダリテート)および階級
  • 第2章 ユダヤの親族組織
  • 第3章 ペルシア時代(前539から前332年まで)のユダヤの経済的条件
  • 第4章 農業危機・農民反乱・ネヘミヤの改革(前446年から前432年まで)
  • 第5章 ギリシアの国家徴税請負とマカベア戦争(前332年から前142年まで)
  • 第6章 ギリシアの民族誌にみるアジア社会像
  • 第7章 ユダヤにおける非伝統的支配の進展と抵抗運動(前142年から後135年まで)
  • 第8章 古代ユダヤの階級状況
  • 第9章 政治と宗教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代ユダヤ社会史
著作者等 Kippenberg, Hans G.
Kippenberg, Hans Gehard
奥泉 康弘
紺野 馨
キッペンベルク H.G.
書名ヨミ コダイ ユダヤ シャカイシ
書名別名 Religion und Klassenbildung in antiken Judäa. 2.erw. Aufl

Kodai yudaya shakaishi
出版元 教文館
刊行年月 1986.7
ページ数 283, 19p
大きさ 22cm
NCID BN00481039
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86048726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想