ナチズム体制の成立 : ワイマル共和国の崩壊と経済界

栗原優 著

ワイマル共和国からナチズム体制への移行過程において、ドイツ経済界はどのような役割を果たし、ワイマル民主主義の崩壊とヒトラー政権獲得に、どのような影響をおよぼしたのだろうか。本書は、膨大な文献と原史料をもとに、この問題をワイマル共和国内部の権力関係のなかから実証する。従来不明な点の多かったナチズムと経済界との結びつき、という政治と経済の関連領域に光をあてた本格的実証研究、待望の新装版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 ドイツ資本主義とファシズム(ドイツ第二帝制と後進帝国主義
  • ドイツ革命
  • ワイマル共和国とファシズム
  • 「ドイツ独占資本とファシズム」についての研究史)
  • 第1部 ワイマル民主主義と経済界(ワイマル独占資本主義の基礎構造
  • ワイマル政党体制と諸階層
  • ドイツ経済界とワイマル民主主義)
  • 第2部 ワイマル民主主義の崩壊過程(機能の梗塞-相対的安定期の終焉
  • 危機の深化-ブリューニング期
  • 転回-パーペン・シュライヒャー期)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナチズム体制の成立 : ワイマル共和国の崩壊と経済界
著作者等 栗原 優
書名ヨミ ナチズム タイセイ ノ セイリツ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1981.12
版表示 新装版
ページ数 527, 17p
大きさ 22cm
ISBN 4623027449
NCID BN00480852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82013229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想