中世宮廷女性の日記 : 『とはずがたり』の世界

松本寧至 著

時代は鎌倉後期。皇位継承をめぐる暗闘の渦と澱みの間に、華麗に哀しく生きた後深草院二条がいた。移ろう後深草院に翻弄されながら、遂には懊悩と波瀾の生活を離脱し、仏道と和歌に自己を見出そうと旅立った女性の赤裸裸な告白に、中世宮廷の裏面と人間模様をみる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 王朝回帰の夢-『とはずがたり』の人々
  • 第2章 愛の遍歴-宮廷生活(その1)
  • 第3章 抗争渦巻くなかで-宮廷生活(その2)
  • 第4章 女西行の旅立ち-東国への旅
  • 第5章 果てしなき旅路-西国への旅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世宮廷女性の日記 : 『とはずがたり』の世界
著作者等 松本 寧至
書名ヨミ チュウセイ キュウテイ ジョセイ ノ ニッキ
書名別名 Chusei kyutei josei no nikki
シリーズ名 とはずがたり
中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1986.7
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 412100809X
NCID BN00469769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86053690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想