スワップ取引 : 新金融技術の核=財テクの華

小林靖弘, 清水正俊 著

24時間体制で臨む国際ビジネス最前線-現在、世界の大銀行・大証券会社のスワップ・センターでは、あらゆるディーリングに精通したディーラーの精鋭が、常時、全世界の支店網を通じて入ってくるスワップ案件を成約させるべく24時間体制で臨んでいる。あるスワップ案件はスワップ・センターのコントロールの下、東京、ロンドン、ニューヨークと次々にバトンタッチされ、スワップ当事者との交渉を重ねながら瞬時の相場変動のタイミングをとらえて成約の運びとなる。時間と体力が勝負の国際ビジネス最前線である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 金利・通貨スワップのしくみ
  • 2 スワップ取引誕生の背景と歴史
  • 3 中長期為替予約とスワップ取引
  • 4 スワップ取引の実際
  • 5 スワップ取引における先物取引・オプション取引の利用
  • 6 スワップ取引におけるリスク管理
  • 7 スワップ契約
  • 8 金利・通貨スワップの会計処理
  • 9 スワップ取引の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スワップ取引 : 新金融技術の核=財テクの華
著作者等 小林 靖弘
清水 正俊
書名ヨミ スワップ トリヒキ
書名別名 Suwappu torihiki
シリーズ名 有斐閣新書
出版元 有斐閣
刊行年月 1986.5
ページ数 181, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4641090645
NCID BN00469011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86042699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想