世の初めから隠されていること

ルネ・ジラール [編] ; 小池健男 訳

[目次]

  • 第1編 基礎となる人類学(犠牲のメカニズム、つまり宗教的なものの基礎
  • 文化と諸制度の発生
  • 人間化の過程
  • 神話、偽装された基礎づくりのリンチ
  • 迫害のテキスト)
  • 第2編 旧約・新約聖書のエクリチュール(世の初めから隠されていること
  • 福音書のテクストの非供犠的な読み
  • 供犠的な読みと歴史的なキリスト教
  • ヘラクレイトスの「ロゴス」とヨハネの「ロゴス」)
  • 第3編 個人対個人の心理学(模倣性の欲望
  • 対象のない欲望
  • 模倣と性衝動
  • 精神分析的神話学
  • つまずきのかなた)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世の初めから隠されていること
著作者等 Girard, René
Lefort, G.
Lefort, Guy
Oughourlian, Jean-Michel
小池 健男
Girard Ren'e
ジラール ルネ
書名ヨミ ヨ ノ ハジメ カラ カクサレテイル コト
書名別名 Des choses cachées depuis la fondation du monde
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1984.3
版表示 新装版
ページ数 730, 7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-14003-7
NCID BB18207804
BN00468948
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84035644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想