科学史における数学

ボホナー 著 ; 村田全 訳

本書は、西欧の知性が興り展開したときに数学の演じた役割、数学の明晰さや神秘さの起源、その普遍性と不可欠性などについて述べたものである。

「BOOKデータベース」より

本書は、西欧の知性が興り展開したときに数学の演じた役割、数学の明晰さや神秘さの起源、その普遍性と不可欠性などについて述べたものである。まず、知性の力としての数学の独自性を生み出す決定的な推進力となった「数学的抽象」の本質を、現代数学・現代物理学と、この「抽象性」をついに持ちえなかったギリシャ数学・ギリシャ物理学との対比によって明らかにする。さらに、ギリシャ自然学がその発展の諸様相において示した独自性、とくにギリシャの哲学や文明一般に内在した限界を反映し、拡大するものとして作用したギリシャ数学の性格が論じられる。アイスキュロスからワイルまで150人の人物を語った個性的な評伝を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 論文集(神話から知識への学・数学まで
  • 科学史と他の歴史との相違
  • 物理学の革命と数学の危機
  • アリストテレスの物理学と今日の物理学
  • 力学の黎明期における数学の役割
  • 物理学における基本的数学概念の意義
  • 数学の本質
  • 解析学の本質)
  • 第2部 人物素描

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 論文集(神話から知識への学・数学まで
  • 科学史と他の歴史との相違
  • 物理学の革命と数学の危機
  • アリストテレスの物理学と今日の物理学
  • 力学の黎明期における数学の役割
  • 物理学における基本的数学概念の意義
  • 数学の本質
  • 解析学の本質)
  • 第2部 人物素描

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学史における数学
著作者等 Bochner, Salomon
村田 全
ボホナー S.
書名ヨミ カガクシ ニ オケル スウガク
書名別名 Kagakushi ni okeru sugaku
出版元 みすず書房
刊行年月 1970
版表示 限定復刊
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 4622024594
NCID BN00468653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69001708
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想