法窓夜話

穂積陳重 著

日本近代法の制定にあずかって力のあった著者の、人生が無味乾燥でないならその大法則である法律の話とて無味乾燥であるはずがない、それを人々に伝えたい、という熱意からまとめられた100話。実際、深い学問や幅広い教養、豊かな体験に基づいて語られる一話一話は古今東西に及び、まことに興味深い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パピニアーヌス、罪案を草せず
  • ハネフィヤ、職に就かず
  • 神聖なる王璽
  • この父にしてこの子あり
  • ディオクレス、自己の法に死す
  • ソクラテス、最後の教訓
  • 大聖の義務心
  • 副島種臣伯と大逆罪
  • 大津事件
  • 副島種臣伯と量刑の範囲〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法窓夜話
著作者等 穂積 陳重
穂積 重遠
書名ヨミ ホウソウ ヤワ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1980.1
ページ数 422p
大きさ 15cm
ISBN 4003314719
NCID BN00461927
BB16346581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80015655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想