イスラムの法 : 法源と理論

アブドル=ワッハーブ・ハッラーフ 著 ; 中村広治郎 訳

イスラムを理解するには、その基本であるイスラム法の考え方を知ることが必須である。ここに待望の本書の復刊が実現し、日本人にとってイスラム世界との距離が大きく縮められることになるであろう(訳者より)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 定義・主題・目的・発生と展開からみた法学と法理論の一般的比較
  • 第1章 法源(コーラン(第一法源)
  • スンナ(第二法源) ほか)
  • 第2章 法判断(判断者
  • 法判断 ほか)
  • 第3章 文理解釈の基本原則(明文の表意法(第一原則)
  • 反対解釈(第二原則) ほか)
  • 第4章 論理解釈の基本原則(立法の一般的目的(第一原則)
  • 神の権利と人間の権利(第二原則) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラムの法 : 法源と理論
著作者等 Khallaf, Abd al-Wahhab
Khallāf, ʿAbd al-Wahhāb
中村 広治郎
Khallaf `Abd al‐Wahhab
中村 廣治郎
ハッラーフ アブドル=ワッハーブ
書名ヨミ イスラム ノ ホウ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1984.5
ページ数 325, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4130311131
NCID BN0045466X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84055567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 アラビア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想