神の生物学

アリスター・ハーディ 著 ; 長野敬, 中村美子 訳

超越的なもの、聖なるものに対する人間の体験(神体験)は、すばらしい音楽や絵画による感激と同様に強烈であり、性的体験に劣らず実在的である。真の生物学は生命現象にかかわるすべてを包括すべきであるとするなら、われわれはすぐれて人間的なこの体験を無視することはできない。著者ハーディは海洋生態学にかんする長年の研究を通じて、こう考えるようになった。そして宗教体験研究部をオックスフォード大学に設けた。本書は、これらの実践と思案の産物である。同様の問題意識をもつポラニイ、フディントン、ピアジェ等の意見や、精神分析、文化人類学、動物行動学等の成果を適宜援用しつつ、信仰という精神的「行為」を進化論的に基礎づけようとする。トータルな人間理解のための「方法序説」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 方法
  • 第2章 動物的および化学的背景
  • 第3章 行動と進化
  • 第4章 人間の出現と信仰の発生
  • 第5章 宗教の形成
  • 第6章 心理学の衝撃
  • 第7章 パラ心理学のパラドックス
  • 第8章 生物学と行動再説
  • 第9章 犬と人間、人間と神-相似は存在するか
  • 第10章 経験としての神
  • 第11章 新しい自然神学に向かって
  • 第12章 実験的信仰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神の生物学
著作者等 Hardy, Alister Clavering
Hardy, Alister Clavering, Sir.
中村 美子
長野 敬
Hardy Alister
ハーディ アリスター
書名ヨミ カミ ノ セイブツガク
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1979.1
ページ数 330p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-314-00245-5
NCID BN00452201
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79009302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想