翻訳文化を考える

柳父章 著

翻訳がもたらした特異な日本文化とは。外来文化受容に際してつくられてきた「翻訳日本語」の形成過程に日本文化の特異な構造を探ってきた著者が、日常語から文学作品にいたる広範なことばの"現場"を検証し、翻訳語の特殊な働きを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

『万葉集』に初期知識人による翻訳日本語形成の原点を探り、福沢諭吉ら近代初期の思想家による西欧語受容過程に外来文化受容の特異な構造を抉り出した著者が、日常語から文学作品にいたることばの現場を検証し、翻訳がもたらした特殊日本的な文化の構造を照射する。前著『翻訳とはなにか』で提出した「カセット文化論」をより具体的に展開し、日本語論・日本文化論に新たな視角を導入する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(社会と世間の違い
  • 兆民の翻訳語「天」
  • 言霊とは何か ほか)
  • 2(思想を表現することば
  • 日本語ナショナリズムへの不安
  • 小林秀雄の批評文の構造 ほか)
  • 3(日本人の遊びと仕事
  • 日本人のものの考え方
  • 日本文化にとって漢字とは何か ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会と世間の違い
  • 兆民の翻訳語「天」
  • 言霊とは何か
  • 現代小説と人工語
  • 革新思想の「革新」とは何か
  • 翻訳語と「私」のことば
  • 思想を表現することば
  • 日本語ナショナリズムへの不安
  • 小林秀雄の批評文の構造
  • 翻訳日本文の論理
  • 吉田健一の文体
  • 「闇のなかの黒い馬」の構造
  • 日本人の遊びと仕事
  • 日本人のものの考え方
  • 日本文化にとって漢字とは何か
  • 極限追求の発想と極限拒絶の発想
  • 時間について
  • ことばと文明の始原について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翻訳文化を考える
著作者等 柳父 章
書名ヨミ ホンヤク ブンカ オ カンガエル
書名別名 Hon'yaku bunka o kangaeru
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1978.7
版表示 新装版
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4588436031
NCID BA57224329
BB1255248X
BN0045202X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78024062
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想