近代日本思想大系  32

松本 三之介【編】

日清戦争後、日本の資本主義の飛躍的な発展は、自覚的な個の意識と社会との矛盾葛藤を登場させた。日本の近代社会の幕明けに関わる明治後期の論攷73篇を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 職工組合に就て
  • 社会主義鄙見
  • 地方と首都
  • 平和なる檄文
  • 過渡的日本人
  • 日本化かはた基督化か
  • 国家社会主義と社会主義
  • 帝国主義の教育
  • 自然主義とその以前の思想
  • 道楽と職業
  • 乃木大将の死を論ず〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本思想大系
著作者等 松本 三之介
書名ヨミ キンダイ ニホン シソウ タイケイ
書名別名 明治思想集. 3

Kindai nihon shiso taikei
巻冊次 32
出版元 筑摩書房
刊行年月 1990.7
ページ数 569p
大きさ 20cm
ISBN 4480305327
NCID BN00450807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90050111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
明治思想集. 3 松本 三之介
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想