出がらしものぐさ精神分析

岸田秀 著

心のひだをどう読むか。意識のフィルムは、どのようなプロセスで現実を現像するのだろうか。現実は、歴史も文化も性も親子関係も、もしかしたらわれわれが共有する共同の幻想ではないのだろうか。精神分析理論を自在に駆使するユニークな応用編のほか、創見にみちた基礎理論、二論文を併せて収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近親相姦のタブーの起源
  • マニアについて
  • ポルノグラフィについて
  • 流行について
  • 我発見被殴打的根本原因
  • サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』について
  • 太宰治論序説
  • ユングの元型について
  • なぜヒトは動物園をつくるのか
  • 自我構造の危機
  • 子の心親知らず
  • 『愛のコリーダ』判決に思う
  • 忙しい人とひまな人
  • 一期一会
  • 守る
  • ものぐさ読書室
  • 精神分析理論を求めて(フロイド理論の発展と批判
  • あるひとつの精神分析的人格理論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出がらしものぐさ精神分析
著作者等 岸田 秀
書名ヨミ デガラシ モノグサ セイシン ブンセキ
シリーズ名 岸田秀コレクション
出版元 青土社
刊行年月 1992.6
ページ数 385p
大きさ 20cm
ISBN 4791790871
NCID BN00447085
BN08067463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92068173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想