罪刑法定主義

大野真義 著

刑法の大原則であり、刑法学を学ぶ者にとっての基本的課題である罪刑法定主義の歴史的・思想的系譜を明らかにし、この原則の概念と本質を解明する著者多年の労作-初版後の実定法の変化を踏まえ新たな文献の追加と叙述の補訂を施した新訂版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 罪刑法定主義の概念と系譜-概念論批判と系譜論批判を契機として
  • 第2章 刑事陪審制度の成立と人身の自由
  • 第3章 マグナ・カルタと罪刑法定主義
  • 第4章 啓蒙期自然法理論と罪刑法定主義
  • 第5章 罪刑法定主義の実定法上の機能
  • 資料 マグナ・カルタ研究の文献解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 罪刑法定主義
著作者等 大野 真義
書名ヨミ ザイケイ ホウテイ シュギ
出版元 世界思想社
刊行年月 1980.5
版表示 新訂第二版
ページ数 330p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7907-1644-0
NCID BB17199314
BN00446719
BN0773666X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80025748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想