親族相続法

中川淳 著

通説・判例の立場から、客観的に、わかりやすく家族法を説いた標準的概説書。特別養子制度の新設・普通養子制度の改正に伴う改訂を行ない、併せて最新の学説・判例を汲入れた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序説(現代家族と家族法
  • 家族法の基本原則
  • 家族法における法律関係
  • 家族法の関連法)
  • 第2章 親族(親族関係の発生および消滅
  • 親族関係の効果
  • 氏)
  • 第3章 婚姻(婚姻の成立
  • 婚姻の効力
  • 婚姻の解消
  • 婚約および内縁)
  • 第4章 親子(実子
  • 養子
  • 親権
  • 後見および保佐)
  • 第5章 扶養(扶養関係の変動
  • 扶養当事者
  • 扶養の順序・程度および方法
  • 扶養請求権)
  • 第6章 相続(相続の開始
  • 相続人
  • 相続の効力
  • 相続の承認および放棄
  • 財産分離
  • 相続人の不存在)
  • 第7章 遺言(遺言の方式
  • 遺言の撤回
  • 遺言の効力
  • 遺言の執行)
  • 第8章 遺留分(遺留分の算定
  • 遺留分の減殺)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親族相続法
著作者等 中川 淳
書名ヨミ シンゾク ソウゾクホウ
書名別名 Shinzoku sozokuho
シリーズ名 有斐閣双書
出版元 有斐閣
刊行年月 1981.5
版表示 改訂版
ページ数 338p
大きさ 19cm
ISBN 4641110565
NCID BN0044400X
BN08370938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81031175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想