憲法第九条

小林直樹 著

「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」。惨憺たる戦争体験の後に生まれた平和憲法、その中核たる非武装規定は、戦後の軍事力強化の波に翻弄され続けてきた。だが、そこに凝縮された思想こそ、今日、世界に向かって鮮やかな光を放っている。第九条誕生の背景と空洞化の跡をたどり、新しい平和保障の構想を具体的に提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地球時代における平和憲法
  • 第2章 憲法九条の誕生とその背景
  • 第3章 憲法九条の意味の解し方
  • 第4章 空洞化する非武装規定
  • 第5章 平和憲法を歪めるもの
  • 第6章 国民世論の推移と憲法
  • 第7章 現代国防論の欠陥と虚妄
  • 第8章 平和のための積極的構想
  • 結び-憲法九条を生かす途

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法第九条
著作者等 小林 直樹
書名ヨミ ケンポウ ダイキュウジョウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1982.6
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4004201969
NCID BN00441351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82041323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想