地球科学入門 : プレート・テクトニクス

河野長 著

プレート・テクトニクスの発展の跡をたどりながら、地球科学の基礎をわかりやすく紹介する。地球科学はプレート・テクトニクスの成立によって面目を一新し、地球を対象としてきたそれまでの各分野が渾然と融け合って一つの学問体系となった。本書はその発展の経緯を生きいきと再現しつつ、地球科学の基礎理論をていねいに解説する。予備知識をもたない大学教養レベルの読者が、地球科学にふれ、統一的な"地球像"をもつための絶好の入門書。

「BOOKデータベース」より

参考書・文献: p187~192

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 大陸移動説
  • 放射性元素と地球の年齢
  • 地震波の伝播と地球の内部構造
  • 古地磁気学と大陸移動説の復活
  • 海洋観測
  • マントル対流と海洋底拡大説
  • 地球磁場の逆転
  • 残留磁化とヴァイン‐マシューズ理論
  • トランスフォーム断層と地震
  • プレート・テクトニクス
  • 球面上の幾何学と3重会合点
  • プレートの実体とその成長
  • ホットスポットとプレート運動の原動力
  • プレートの収束境界と造山運動
  • 沈み込み帯としての日本列島

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 1. 大陸移動説 / 1
  • アルフレッド・ウェゲナー / 10
  • 2. 放射性元素と地球の年齢 / 13
  • 3. 地震波の伝播と地球の内部構造 / 27
  • 4. 古地磁気学と大陸移動説の復活 / 39
  • 5. 海洋観測 -地形・熱流量・磁気異常- / 56
  • 6. マントル対流と海洋底拡大説 / 66
  • 7. 地球磁場の逆転 / 77
  • 8. 残留磁化とヴァイン-マシューズ理論 / 86
  • 9. トランスフォーム断層と地震 / 98
  • 10. プレート・テクトニクス / 112
  • 11. 球面上の幾何学と3重会合点 / 126
  • 12. プレートの実体とその成長 / 137
  • 13. ホットスポットとプレート運動の原動力 / 147
  • 14. プレートの収束境界と造山運動 / 156
  • 15. 沈み込み帯としての日本列島 / 172
  • 参考書 / 187
  • 文献 / 189
  • 索引 / 193

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地球科学入門 : プレート・テクトニクス
著作者等 河野 長
書名ヨミ チキュウ カガク ニュウモン
書名別名 Chikyu kagaku nyumon
出版元 岩波書店
刊行年月 1986.9
ページ数 195p
大きさ 21cm
ISBN 4000056670
NCID BN00440916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87000478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想