雨夜譚 : 渋沢栄一自伝

渋沢栄一 述 ; 長幸男 校注

激動の幕末維新を背景に、大実業家・渋沢栄一(1840‐1931)が疾風怒涛の青春を語る自伝。尊攘倒幕の志士→徳川家家臣→明治政府官僚と転身を重ねる著者の生き方は鋭い現実主義に貫かれた魅力をもち、維新変革をなしとげたエネルギーが生きいきと伝わってくる。実業家時代を概観した「維新以後における経済界の発達」を併収。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 雨夜譚
  • 維新以後における経済界の発達

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雨夜譚 : 渋沢栄一自伝
著作者等 渋沢 栄一
長 幸男
書名ヨミ アマヨガタリ
書名別名 Amayogatari
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.12
ページ数 338p
大きさ 15cm
ISBN 4003317017
NCID BN0044060X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95075918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想