境界確定の訴

村松俊夫 著

今回有斐閣から本書を有斐閣ブックスの一巻として出版してはとの話があり、上智大学法学部の了解も得られた。それで、退官後弁護士としてこの訴に関し直接間接に多少関与したこともあり、前書の発行後の判例、論文等をも参考にして、前の考えを補充訂正して、新たに第三章の「境界確定の訴 再論」を書いた。本書を発行するに際し、以前の論文には手を入れないとの制約があったので、以前の論文には全く手を入れていない。今回新たに書いた論文は、その性質上、第四章の「わが国の境界確定小史」の前に入れた。

「BOOKデータベース」より

現在でも境界に関する紛争は相当あり、将来とも、紛争の起こる原因は多少異なっても、この訴がなくなることはおそらくない。本書は、この訴に関する研究の古くからの成果で、わが国の境界の歴史、殊に明治以後の境界について非常に重要な意味と価値とをもつ、明治初年の地租改正を中心とした歴史と同時に、現在ではかんたんに見難いが境界の歴史を知るのに有益な地租改正に関する法令その他を資料として掲げている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 境界確定の訴について(境界確定の訴をめぐる学説・判例
  • 問題の所在)
  • 第2章 訴訟からみた境界確定の訴(境界確定の訴の性質
  • 境界確定の訴の問題点 ほか)
  • 第3章 境界確定の訴 再論(この訴の性質論(再論)
  • この訴の特質 ほか)
  • 第4章 わが国の境界確定小史-地租改正を中心として(一つの土地
  • 耕地・宅地の地租改正 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 境界確定の訴について
  • 付論・境界確定の訴
  • 第2章 訴訟からみた境界確定の訴
  • 第3章 境界確定の訴・再論
  • 第4章 わが国の境界確定小史-地租改正を中心として
  • 資料 地租改正関係法令(抄)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 境界確定の訴
著作者等 村松 俊夫
書名ヨミ キョウカイ カクテイ ノ ソ
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 1977.1
版表示 増補版.
ページ数 228, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4641900183
NCID BA43965884
BA64516109
BN0043978X
BN03384684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77014623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想