フロイト/ユング往復書簡集  下

ウィリアム・マグァイア 編 ; 平田武靖 訳

[目次]

  • 1910年(ニュルンベルク会議
  • ミュンヘン会談)
  • 1911年(フロイトのキュスナハト訪問とワイマール会議)
  • 1912年(ユングのアメリカ訪問<フォーダム大学講義>と委員会<夏と秋>
  • ミュンヘン代表者会議)
  • 1913年(ミュンヘン会議
  • ユング『年報』を放棄)
  • 1914年(チューリヒ支部、国際協会を脱会)
  • 1923年(エンマ・ユングよりフロイト宛の手紙7通)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フロイト/ユング往復書簡集
著作者等 Freud, Sigmund
Jung, C. G.
Jung, Carl Gustav
McGuire, William
平田 武靖
マグァイア W.
書名ヨミ フロイト ユング オウフク ショカンシュウ
書名別名 The Freud/Jung letters
巻冊次
出版元 誠信書房
刊行年月 1987.7
ページ数 366, 68p
大きさ 22cm
ISBN 4414402328
NCID BN00439407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87051972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想