エクスタシーの系譜

高橋康也 著

ジョン・ダンからサミュエル・ベケットまで17世紀以降、近代・現代の詩人と文学者を論じ、英文学における愛と性と死の「三角形」、ロマン主義の内壁をめぐって、エロスの形而上学を追尋する緊迫感に満ちた評論集。幅広い活躍を続ける著者の処女作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アウトサイダー・ダン
  • 三つの庭-主題と変奏
  • 補遺 もう一つの庭
  • ルーシーとは誰か-ワーズワス的想像力の構造
  • 夜と昼の結婚-コウルリッジのために
  • 愛と死-ロマン主義的曖昧さについての覚え書き
  • アーノルドにおける詩と真実
  • 錯乱の瞬間-エリオットとエロス
  • 補遺 『スウィーニー・アゴニスティーズ』について
  • レトリックと詩
  • 言葉と沈黙-ベケットの世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エクスタシーの系譜
著作者等 高橋 康也
書名ヨミ エクスタシー ノ ケイフ
シリーズ名 筑摩叢書 299
出版元 筑摩書房
刊行年月 1986.3
ページ数 306, 24p
大きさ 19cm
ISBN 4480012990
NCID BN00436668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86035339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想