キリスト教東方の神秘思想

V.ロースキィ 著 ; 宮本久雄 訳

思索の力が衰えたヘレニズムの黄昏にあって、新たな相貌のもとに<愛智>を甦らせたギリシア教父。<人間神化>思想の真髄に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 キリスト教東方における神秘思想と神秘的体験
  • 2 神的暗黒
  • 3 三位一体である神
  • 4 創られざるエネルギー
  • 5 創られた存在
  • 6 像と似姿
  • 7 子のオイコノミア
  • 8 霊のオイコノミア
  • 9 教会共同体の二つの相
  • 10 一致への道
  • 11 神からの光
  • 12 結論・終末的王国の宴

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教東方の神秘思想
著作者等 Lossky, Vladimir
宮本 久雄
ロースキィ V.
書名ヨミ キリストキョウ トウホウ ノ シンピ シソウ
書名別名 Théologie mystique de l'Église d'Orient

Kirisutokyo toho no shinpi shiso
出版元 勁草書房
刊行年月 1986.10
ページ数 309, 2p
大きさ 22cm
ISBN 4326100664
NCID BN00430220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87000211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想