新しい天気予報 : 確率予報とナウキャスト

立平良三 著

本書では天気予報の新しい方向として、「確率予報」と「ナウキャスト」の二つの話題を取り上げることにした。両者とも、まず最も社会的に関心の高い天気要素である降水から開発に着手された。そして降水確率予報の方が一足早く実用化され、既に全国で発表されるに至っている。従って本書でも、やはり降水に関するものが中心的な話題となっている。

「BOOKデータベース」より

参考文献: p179~182

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 1章 確率予報とは
  • 2章 確率予報の利用法
  • 3章 確率を予報する技術
  • 4章 確率予報の精度の評価
  • 5章 降水確率予報の精度
  • 6章 気温や風の確率予報
  • 7章 確率予報からナウキャスト(短時間予報)へ
  • 8章 ナウキャストの第一歩
  • 9章 降水系の発達衰弱の予測
  • 10章 数値モデルとナウキャスト

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • はじめに / 1
  • 1章 確率予報とは / 3
  • 1.1 予報は対策のため / 3
  • 1.2 天気予報の仕様書 / 4
  • 1.3 天気予報のあゆみ / 6
  • 1.4 まず降水確率予報から / 8
  • 1.5 地域確率と地点確率(時間確率と時点確率) / 9
  • 1.6 予報対象時間区分を変えた場合 / 11
  • 1.7 降水確率予報の「降水」とは(まとめ) / 14
  • 2章 確率予報の利用法 / 16
  • 2.1 コスト・ロスモデル / 16
  • 2.2 確率予報とカテゴリー予報 / 18
  • 2.3 カテゴリー予報よりどれだけ有利? / 18
  • 2.4 降水確率予報のアンケート結果 / 22
  • 3章 確率を予測する技術 / 24
  • 3.1 短期予報の技術の変遷 / 24
  • 3.2 数値予報の登場 / 26
  • 3.3 天気への翻訳技術-MOS / 30
  • 3.4 MOSの長所と短所 / 31
  • 3.5 降水確率のMOS / 33
  • 3.6 MOSの精度改善 / 35
  • 4章 確率予報の精度の評価 / 42
  • 4.1 ブライヤー・スコアとは / 42
  • 4.2 都府県単位の確率予報の精度 / 43
  • 4.3 ベストな降水確率予報とは / 43
  • 4.4 降水確率予報は降水面積比率を予報するもの? / 45
  • 4.5 確率予報の信頼度と分解度 / 46
  • 4.6 ブライヤー・スコアの意味 / 48
  • 4.7 ブライヤー・スコアのプロパー性 / 49
  • 5章 降水確率予報の精度 / 53
  • 5.1 東京都の降水確率予報の精度 / 53
  • 5.2 予報担当者による補正 / 56
  • 5.3 予報担当者の技能評価 / 58
  • 5.4 補正とブライヤー・スコア / 59
  • 5.5 足して2で割る補正 / 61
  • 5.6 予報の難しい地域は / 61
  • 5.7 降水確率予報の精度の直観的表現 / 63
  • 6章 気温や風の確率予報 / 66
  • 6.1 気温の確率予報 / 66
  • 6.2 気温確率予報の例 / 67
  • 6.3 ハリケーン(熱帯低気圧)の確率予報 / 70
  • 6.4 ニーズに合わせた確率予報 / 72
  • 7章 確率予報からナウキャスト(短時間予報)へ / 74
  • 7.1 ナウキャストとは / 75
  • 7.2 なぜ今ナウキャストなのか / 76
  • 7.3 総観気象観測網からメソ気象観測網へ / 77
  • 7.4 レーダー・アメダス雨量合成図 / 79
  • 7.5 レーダーとアメダスの合成手法 / 87
  • 7.6 レーダーエコーのデジタル化(地形エコーの除去) / 88
  • 7.7 気象衛星の役割 / 91
  • 8章 ナウキャストの第一歩-外挿 / 93
  • 8.1 外挿速度の決定 / 94
  • 8.2 客観的外挿によるナウキャストの精度 / 100
  • 8.3 気象庁の降水ナウキャスト / 106
  • 8.4 雲画像からの降水の推定 / 109
  • 9章 降水系の発達衰弱の予測(概念モデルの利用) / 115
  • 9.1 中規模エコー域のライフサイクル / 115
  • 9.2 他の中規模気象系との相互作用 / 120
  • 9.3 地形による降水の強化 / 126
  • 9.4 米国の集中豪雨のモデル化 / 130
  • 10章 数値モデルとナウキャスト / 134
  • 10.1 メソスケール数値モデルの実例 / 135
  • 10.2 地形性のメソスケール現象 / 138
  • 10.3 非地形性のメソスケール現象 / 140
  • 10.4 メソ数値モデルの初期値解析(レーダーエコーと雲画像の利用) / 143
  • 10.5 新しい観測技術への期待 / 148
  • あとがき / 155
  • 付録 降水確率予想図の事例(1985年9月後半) / 157
  • 参考文献 / 179
  • 索引 / 183

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新しい天気予報 : 確率予報とナウキャスト
著作者等 立平 良三
書名ヨミ アタラシイ テンキ ヨホウ
書名別名 Atarashii tenki yoho
シリーズ名 気象学のプロムナード ; 第2期 2
出版元 東京堂
刊行年月 1986.10
ページ数 186p
大きさ 22cm
ISBN 4490201095
NCID BN00428513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87040341
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想