梅原猛著作集  15 (飛鳥とは何か)

梅原 猛【著】

大いなる変革をもとめた6世紀末から7世紀の大和国家。山間の僻地にすぎない飛鳥の地は、なぜ政治的拠点となりえたのか?また聖徳太子の定めた新都・小墾田宮は、いったい何処なのか?生き生きとした政治力学の舞台-飛鳥の秘められた謎を追う表題作。歴史の裏に隠された非運の太子を描く「死の聖化」など3編を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 飛鳥とは何か
  • 死の聖化
  • 飛鳥をめぐる謎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 梅原猛著作集
著作者等 梅原 猛
書名ヨミ ウメハラ タケシ チョサクシュウ
書名別名 飛鳥とは何か

Umehara takeshi chosakushu
巻冊次 15 (飛鳥とは何か)
出版元 集英社
刊行年月 1982.11
ページ数 558p
大きさ 20cm
ISBN 4087491161
NCID BN00418316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83010367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想