組合せ論入門

G.ポリア ほか著 ; 今宮淳美 訳

本書は、古典的名著『いかにして問題をとくか』の著者ポリアと「ネバンリーナ賞」第1回受賞者タージャンとがスタンフォード大学で行なった名講義録をまとめたものである。従来の類書では、数学的厳密性を追求するあまり、初学者にはなかなか理解しづらい面があった。そこで本書では、「数学を味わう」という立場から各分野の具体的な例を豊富に用いた解説がなされており、「組合せ論」全体を把握しようとする人びとにとって好個な入門書になっている。順列と組合せの基礎から説き起こしてあり、大学教養課程で学ぶ程度の予備知識があれば十分理解できる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 順列・組合せ
  • 母関数
  • 包含と排除の原理
  • スターリング数
  • ポリアの数え上げ理論
  • 展望
  • 中間試験
  • ラムゼイの定理
  • マッチング(安定結婚)
  • マッチング(最大マッチング)
  • ネットワーク・フロー
  • ハミルトン路、オイラー路
  • 平面性と4色定理
  • 最終試験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組合せ論入門
著作者等 Polya, George
Tarjan, Robert Endre
Woods, Donald R.
今宮 淳美
ウッズ ドナルド・R.
タージャン ロバート・E.
ポリア ジョージ
書名ヨミ クミアワセロン ニュウモン
書名別名 Notes on introductory combinatorics

Kumiawaseron nyumon
出版元 近代科学社
刊行年月 1986.9
ページ数 183p
大きさ 21cm
ISBN 4764901196
NCID BN00418098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86055618
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想