イギリス社会政策史 : 救貧法と福祉国家

大沢真理 著

「過酷な」救貧法と「寛大な」福祉国家という対立図式が、イギリスの学会で問い直されたのは1990年代後半だった。最低限の生活保障というイギリス福祉国家の核心が、救貧法に根源をもつことを明らかにした先駆的業績。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 イギリス救貧法の再検討
  • 第1章 旧救貧法の動揺
  • 第2章 1834年改革
  • 第3章 新救貧法の確立
  • 第4章 ウェッブ夫妻と1909年報告
  • 終章 救貧法から福祉国家へ

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 イギリス救貧法の再検討-今、なぜ、いかに
  • 第1章 旧救貧法の動揺
  • 第2章 一八三四年改革
  • 第3章 新救貧法の確立
  • 第4章 ウェッブ夫妻と一九〇九年報告
  • 終章 救貧法から福祉国家へ-両大戦間の失業政策にそくして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス社会政策史 : 救貧法と福祉国家
著作者等 大沢 真理
書名ヨミ イギリス シャカイ セイサクシ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1986.5
ページ数 317, 7p
大きさ 22cm
ISBN 413056028X
NCID BN00417404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86047722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想