元型論  続

C.G.ユング 著 ; 林道義 訳

人間のこころには、フロイトのいう個人的な無意識だけでなく、人類に共通の集合的無意識がある-ユングの独創であり、卓見である「集合的無意識」とそのパターンとしての「元型」をめぐるユング自身の理論的文章をすべて収録した決定版。古今東西の該博な知識に裏づけられたユングの名文を、長年の研究に基づいた丁寧な訳註・解説を付け、日本語に再現する。ユング思想を理解するのに必携の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 集合的無意識の概念
  • 2 集合的無意識の諸元型について
  • 3 元型-とくにアニマ概念をめぐって
  • 4 母元型の心理学的諸側面
  • 5 母娘元型-デメテル=コレー神話
  • 6 童子元型
  • 7 トリックスター元型-インディアン神話によせて
  • 8 精神元型-おとぎ話に見られる
  • 9 心の本質についての理論的考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 元型論
著作者等 Jung, C. G.
Jung, Carl Gustav
林 道義
ユング C.G.
書名ヨミ ゲンケイロン
巻冊次
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1983.6
版表示 増補改訂版
ページ数 242p
大きさ 20cm
ISBN 4314008407
NCID BN00404785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83043026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想