現代の生存権 : 法理と制度 荒木誠之先生還暦祝賀論文集

高藤昭 [ほか] 執筆

この本の情報

書名 現代の生存権 : 法理と制度 荒木誠之先生還暦祝賀論文集
著作者等 荒木 誠之
高藤 昭
書名ヨミ ゲンダイ ノ セイゾンケン
出版元 法律文化社
刊行年月 1986.5
ページ数 653p
大きさ 22cm
ISBN 4589012596
NCID BN00399936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86050941
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「労働者派遣法」と派遣労働者の保護 脇田 滋
わが国における生存権の展開 菊池 高志
アメリカにおける連邦社会保障関係立法の成立とその合憲性の根拠-連邦の生存権的管轄権の存在 石橋 敏郎
レッドパージ判例に関する覚書-マッカーサー書簡の解釈を中心として 藤内 和公
不当労働行為の申立入 安枝 英〓
公的年金統合化と共済年金法案の検討 坂本 重雄
労働委員会における審査手続をめぐる諸問題 高橋 貞夫
労働権思想の発展とその法的反映 菊谷 達彌
失業給付の法的構造 清正 寛
婦人の年金権 上村 政彦
所得保障原則と老齢年金受給権 良永 彌太郎
教育権と教師の労働者権-生存権による統一的把握に向けて 福島 淳
有害業務就労と男女の雇用機会平等-アメリカにおける労働安全衛生法と公民権法第7編をめぐる問題 林 弘子
消費者保護思想の発展過程 鈴木 加人
独占禁止法の規制基準における競争制限の程度について 江口 公典
社会主義国の労働権と労働義務 馬渡 淳一郎
社会保障医療の形成と方向性-独自の法としての社会保障法の把握のために 久塚 純一
社会保障法における生存権原理と社会連帯原理 高藤 昭
社会福祉最低基準の法的検討-老人福祉サービスをめぐって 河野 正輝
職業病と損害賠償-長崎じん肺訴訟判決を契機として 柳沢 旭
被解雇者の選択-西ドイツ整理解雇の法理 今野 順夫
西ドイツにおける職業病の認定とその補償 西村 健一郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想