知の考古学

ミシェル・フーコー [著] ; 中村雄二郎 訳

考古学的記述とは何か-フーコーがその方法論を全面的に開示して、その後の人文諸科学に決定的影響を与えた歴史的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論
  • 2 言説の規則性(言説の統一性
  • 言説の形成と編制
  • 対象の形成と編制 ほか)
  • 3 言表と集蔵体(言表を定義づける
  • 言表の機能
  • 言表の記述 ほか)
  • 4 考古学的記述(考古学と諸観念の歴史
  • 原のものと規則的なもの
  • さまざまな矛盾 ほか)
  • 5 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知の考古学
著作者等 Foucault, Michel
中村 雄二郎
フーコー ミシェル
書名ヨミ チ ノ コウコガク
書名別名 Archéologie du savoir
シリーズ名 現代思想選 10
出版元 河出書房新社
刊行年月 1981.2
版表示 改訳新版
ページ数 359, 8p
大きさ 20cm
ISBN 430924369X
NCID BA69809829
BA75871929
BN00389375
BN02027193
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81016561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想