女性と企業の新時代 : 夫婦で語る男女雇用機会均等法

花見忠 ほか著

本書は、均等法の産みの親と労働法学者のカップルが、この法の意義や運用上のポイントを具体的に語ったもの。立法過程でのエピソードが披露される一方、鋭い批判もとび出して、対談の妙味あふれる好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜ均等法が必要だったのか
  • 2 均等法が成立するまで
  • 3 労使間の攻防
  • 4 努力義務規定のメリット・デメリット
  • 5 均等法の特徴
  • 6 均等法の適用範囲と責任主体
  • 7 紛争解決手続をめぐって
  • 8 均等法の限界
  • 9 募集・採用はこう変わる
  • 10 こんな場合は男女異なる取扱いをしてもやむをえない
  • 11 配置・昇進も男女均等に
  • 12 教育訓練はどう行われるべきか
  • 13 福利厚生の内容
  • 14 ゴールも男女均等に-定年・退職・解雇
  • 15 女子労働者が働き続けるために
  • 16 保護規定はどう変わったのか
  • 17 時間外労働・深夜労働ができる範囲は
  • 18 男女差別に関する苦情がある時はこんなふうに
  • 19 均等法の未来は

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性と企業の新時代 : 夫婦で語る男女雇用機会均等法
著作者等 渡辺 まゆみ
花見 忠
赤松 良子
書名ヨミ ジョセイ ト キギョウ ノ シンジダイ
書名別名 Josei to kigyo no shinjidai
シリーズ名 男女雇用機会均等法
有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1986.6
ページ数 198p
大きさ 19cm
ISBN 4641180164
NCID BN00388951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86045157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想