森林  2

四手井綱英 著

森林生態学の立場から森林と人間との多様なかかわりを包括的に語り、経済一辺倒の森林行政を脱して人と自然が共生するための森や里山をいかにして創出するか、森林再生への具体的な方法をさぐる。緑の山河を残すための21世紀への提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 森林と自然環境(国土における緑の役割
  • 自然環境を良く考えよう ほか)
  • 2 森林と人々の暮らし(自然、特に森林と人々の暮らし
  • 都市と緑 ほか)
  • 3 森林逍遙(再び「もり」と「はやし」について
  • 生物の種の多様性の維持 ほか)
  • 4 日本の森林を考える(講演)(日本の森林の特徴
  • 森林と日本文化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森林
著作者等 四手井 綱英
書名ヨミ シンリン
シリーズ名 ものと人間の文化史 53-2
巻冊次 2
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.11
ページ数 301p
大きさ 20cm
ISBN 4588205323
NCID BN00384451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99070694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想