認識と関心

ユルゲン・ハーバーマス 著 ; 奥山次良 ほか訳

本書では、認識と関心との連関を体系的に分析することにねらいをおいて、現代実証主義の前史の再構成を、歴史を辿っている。認識理論が解体し、そのあとに科学理論が代わって残されていく過程を追った。一つの例証として、精神分析学が重要な位置を占めている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 認識批判の危機(ヘーゲルのカント批判-認識理論の徹底化あるいは止揚
  • ヘーゲルに対するマルクスのメタ批判-社会的労働による綜合
  • 社会理論としての認識理論の考案)
  • 第2章 実証主義、プラグマティズム、歴史主義(コントとマッハ-古い実証主義の志向
  • チャールズ・サンダース・パースの研究論理学-言語論理学的に復活される普遍実在論のアポリア
  • 自然科学の自己反省-プラグマティズム的意味批判
  • ディルタイの表現理解の理論-自我の同一性と言語によるコミュニケーション
  • 精神科学の自己反省-歴史主義的意味批判)
  • 第3章 認識と関心の統一としての批判(理性と関心-カントとフィヒテへの回顧
  • 科学としての自己反省-フロイトの精神分析学的意味批判
  • メタ心理学の科学主義的自己誤解-一般的解釈の論理について
  • 精神分析学と社会理論-ニーチェによる認識関心の縮小)
  • 付 カール=オットー・アーペル「解放としての科学か」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認識と関心
著作者等 Habermas, Jürgen
八木橋 貢
奥山 次良
渡辺 祐邦
Habermas J¨urgen
ハーバーマス ユルゲン
書名ヨミ ニンシキ ト カンシン
書名別名 Erkenntnis und Interesse

Ninshiki to kanshin
出版元 未来社
刊行年月 1981.3
版表示 復刊
ページ数 442, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4624010558
NCID BN00383958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81020112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
解放としての科学か カール=オットー・アーペル
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想