中世惣村史の構造

黒田弘子 著

本書は、中世後期村落共同体の最も代表的形態である惣村を、農民闘争、潅漑用水、宮座の三つの側面から明らかにしようとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 農民闘争と惣村(惣村の成立と発展
  • 「八人御百姓」をめぐって
  • 中世後期における高野山権力と農民闘争)
  • 第2部 池水潅漑と惣村(鎌倉後期における池築造と惣村の成立
  • 中世後期における池水潅漑と惣村
  • 中世後期の池水潅漑再論)
  • 第3部 宮座と惣村(鞆淵八幡宮宮遷大祭と能
  • 長桟座と中世宮座)
  • 鞆淵八幡宮遷宮史料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世惣村史の構造
著作者等 黒田 弘子
書名ヨミ チュウセイ ソウソンシ ノ コウゾウ
シリーズ名 戊午叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1985.3
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 4642025472
NCID BN0038362X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85041581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想