日本の森林植生

山中二男 著

国土の四分の三ちかくが森林である日本において、どれだけが自然林として残され、開発はどこまで許されるであろうか。その現状と将来の展望をも含め、永年日本の山野をつぶさに調査・研究してきた著者が、その姿を正確に分析・解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 森林-その定義と種類
  • 日本の森林帯-森林と気候的環境
  • 森林と土地-地形、地質など
  • 森林の変遷-遷移、極相および二次林
  • 日本の森林の分類-とくにチューリヒ‐モンペリエー学派を主に
  • 日本の植物地理区分-区系区分と森林
  • 日本の森林の特徴と現状-まとめ
  • 森林の保護-その必要性、現状および将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の森林植生
著作者等 山中 二男
書名ヨミ ニホン ノ シンリン ショクセイ
出版元 築地書館
刊行年月 1979.4
版表示 補訂版;〔新装版〕
ページ数 219p
大きさ 23cm
ISBN 4806722162
NCID BN00377252
BN04595561
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79018013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想