バイオマグネトロニクス入門

渥美和彦 ほか共編

生体に及ぼす磁気の作用、生体から発生する磁界のメカニズムとその計測法、NMRイメージングなど、最新の成果や応用例、今後の課題をも含めて、第一線で活躍中の執筆陣がわかりやすくていねいに解説!医用電子工学を学ぶ人やME関係技術者、医師、医学最前線に関心をもつ人の必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1. バイオマグネトロニクスとは
  • 2. 生体に及ぼす磁界の作用
  • 3. 生体から発生する磁界
  • 4. 磁界を用いた生体像-NMRイメージング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオマグネトロニクス入門
著作者等 渥美 和彦
上野 照剛
小谷 誠
書名ヨミ バイオマグネトロニクス ニュウモン
書名別名 Baiomagunetoronikusu nyumon
出版元 オーム社
刊行年月 1986.6
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4274031020
NCID BN00376125
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86045259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想