東西文化の交流 : 新シルクロード論

長沢和俊 著

ここ十数年来、日本人のシルクロードに寄せる関心は目をみはらせるものがあり、その概説書の類も数多く刊行されているが、大部分は交通史を主体とするもので、真に東洋文化と西洋文化の交流、文化変容を解明したものはほとんどないと言ってもよい。本書は、これまで三十数年間にわたって、シルクロードを中心に、東西文化交流の歴史について研究をつづけてきた著者が、最新の成果をいくつかのテーマに分けて、できるかぎりひろく、しかも簡潔に述べたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東西文化交流とシルクロード
  • 第2章 シルクロードの実態
  • 第3章 史前時代の東西文化の交流
  • 第4章 『漢書』西域伝の世界
  • 第5章 1-6世紀の西域
  • 第6章 仏教文化の伝来
  • 第7章 唐と西域と日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東西文化の交流 : 新シルクロード論
著作者等 長沢 和俊
書名ヨミ トウザイ ブンカ ノ コウリュウ
シリーズ名 白水叢書 42
出版元 白水社
刊行年月 1979.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 280p
大きさ 19cm
ISBN 4560029229
NCID BN00352477
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80000246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想