西洋哲学史要

波多野精一 著

スピノザが、カントが、到達しえなかった宗教哲学の最高峰を究めた波多野精一。一切の名を求めず、読書、探究、索に精進された先生の若き日の大労作。西洋哲学史の不朽の名著として名高い。欄外に小見出しを付して読者の便をはかった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代哲学史(アリストテレースに至る迄の希臘哲学
  • アリストテレース以後の希臘哲学)
  • 中世哲学史(教父時代の哲学
  • スコラ哲学)
  • 近世哲学史(カント以前の哲学
  • カント及びカント以後の哲学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋哲学史要
著作者等 波多野 精一
書名ヨミ セイヨウ テツガクショウ
書名別名 Seiyo tetsugakusho
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 1977.6
ページ数 283p
大きさ 22cm
ISBN 4472072718
NCID BN00345562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77010143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想