都市と国際化 : その理論と実践

横浜市海外交流協会 編

[目次]

  • 目次
  • 第一章 国際化する地方自治体 馬場伸也
  • 一 自治体の国際活動 / 1
  • 二 現代国家の矛盾 / 3
  • 三 アイデンティティとは? / 6
  • 四 地方主義と国際主義 / 9
  • 五 しっかりせよ、地方主義 / 13
  • 第二章 市民と都市の国際関係 チャドウィック・F・アルジャー
  • 概説 / 17
  • 一 問題の提起 / 18
  • 二 国民国家を単位とする視点 / 21
  • 三 国民国家内部を区分する諸段階 / 22
  • 四 都市間の国際関係観 / 37
  • 五 都市内部を区分する視点 / 38
  • 六 国際活動の都市への影響 / 42
  • 七 都市における対外政策の行為体 / 46
  • 八 認識転換のための戦略 / 57
  • 九 地球市民 / 60
  • 訳者あとがき 佐渡友哲 / 68
  • 第三章 日本の国際化と横浜の役割
  • 一 シンポジウムの概要 加瀬英明 / 71
  • 二 シンポジウムの記録 / 76
  • (一)開会の挨拶 細郷道一 / 77
  • (二)基調講演1「日本人の国際化感覚」 グレゴリー・クラーク / 78
  • (三)基調講演2「横浜の国際性」 ドナルド・マッキー / 85
  • (四)横浜市の海外事業の現状と今後 外岡勲 / 90
  • (五)パネルディスカッション / 93
  • (六)拡大討議 / 112
  • (七)まとめ 加瀬英明 / 130
  • (八)閉会の挨拶 上野豊 / 132
  • 第四章 横浜の対外交流 外岡勲
  • 一 はじめに港ありき / 135
  • 二 国際化への手さぐりとその確かさを求めて / 143
  • 三 環太平洋圏と世界の横浜へ / 157
  • 第五章 日本横浜工業展への軌跡
  • 一 展覧会ゴーサイン!細郷市長の決断 / 162
  • 二 上海側、提案を三十六時間後に快諾 / 166
  • 三 官民一体の準備体制急ピッチ / 170
  • 四 中国ブームで出品申込も予想以上に / 175
  • 五 緊迫の連続、会場拡大めぐる交渉 / 177
  • 六 二百五十ベッドをめぐってまたトラブル / 185
  • 七 開幕前日、徹夜で議定書づくり / 188
  • 八 事務局の苦労、晴れて実る / 192
  • 第六章 市民と国際交流
  • 一 団体活動 / 195
  • (一)国際交流を考える市民の会 横瀬多喜 / 195
  • (二)横浜国際交流ボランティアの会 小山八千代 / 205
  • 二 市民の国際交流についての提言 / 216
  • 〔資料〕1 横浜海外交流史 / 227
  • 2 姉妹提携一覧 / 248
  • 3 都道府県・政令指定都市国際交流事務担当課一覧 / 262
  • 4 国際交流に関する外郭団体 / 264

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 都市と国際化 : その理論と実践
著作者等 横浜市海外交流協会
書名ヨミ トシ ト コクサイカ
出版元 弘文堂
刊行年月 1982.6
ページ数 268p
大きさ 19cm
ISBN 4335460090
NCID BN00344118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82042276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想